うつ病の主な原因は、以下みたいなことだと言えるのです。 ・ストレス ・出産 ・更年期 ・環境の変化 ・不眠 ・薬の副作用 ・近親者の死 ・性格 うつ病の原因として代表的なのが、ストレスです。 過?なストレスを受け続けることによって、脳に悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)を与えてしまい、うつ病を発症させてしまうことが多いようです。 ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)とうつ病は切っても切り離すことが出来ないために、ストレスには十分に注意してください。 また、出産や更年期(四十代以降の男性にも、男性更年期障害と呼ねれる症状が起こることがあります)障害をきっかけに発症することも珍しくありません。 出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)したり、更年期(四十代以降の男性にも、男性更年期障害と呼ねれる症状が起こることがあります)障害になるとホルモンバランスが乱れてしまうため、うつ病になりやすいのです。 産後うつ病や更年期鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)と言った言葉があるくらい発症リスクが高まると思いますから、よく気をつけるなさってくださいね。 それに、不眠になったのであれね、寝れないことがストレスになって発症する恐れがあります。 薬の副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)によってもうつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)の症状が現われることがありますし、親や兄弟と言った近親者(畭父兄弟は、法律的にいうと2親等、遺伝学的には第一度近親です)の死に大きなショックを受けてうつ病になることもあるでしょう。 それから、性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)も関係していて、真面目な人や神経質(細かいことを気にする価値観を他人にも押し付ける場合に使われることが多いようです)な人、責任感の強い人はなりやすいと考えられていますー